ドル円取引

ちょっと懐かしいレトロな味♪フルーツ入りオレンジ寒天

ちょっと懐かしいレトロな味♪フルーツ入りオレンジ寒天

ちょっと懐かしいレトロな味♪フルーツ入りオレンジ寒天

昭和のお母さんたちは、とてもマメにおやつの手作りをしてくれました。そんな、母の作ってくれた夏のおやつのひとつが、こんな風な寒天です。オレンジジュースは、あまりたくさん入れると固まりにくくなりますので、量は全体の半分~70%前後を目安にしてください。

材料(5~6人分)

  • ミックスフルーツ缶詰(230g入り) 1缶
  • オレンジジュース 300cc程度
  • 粉末寒天 4g入り1本
  • りんごやキウィなどの生フルーツ 適宜

使うもの…鍋、型(パウンド型や、タッパーウェアなどの大きなもののほか、食べた後のゼリーやプリンの型もOK)

作り方

  1. ミックスフルーツ缶を開けて、シロップと、果物を分ける。型に果物を均等に敷き詰めておく(生フルーツも混ぜてよい)
  2. シロップの量を量り、ボウルにあける。全体量が500㏄になるよう、オレンジジュースを加えてかきまぜておく。
  3. 鍋に2を入れ、粉末寒天を振り入れる。弱火にかけて、かき混ぜながら、寒天を溶かしていく。しばらくすると、鍋の縁から泡が立ち始めるので、そうなったら、更に火を細めて、1~2分静かにかき混ぜながら、沸騰しないように煮る。
  4. 1の型に3を静かにそそぐ。
  5. 粗熱が取れるまで、そのまま、静かに置いておき、表面が固まってきたら、冷蔵庫に入れて、更に冷やし固める。
  6. 最低でも1時間くらい、しっかり冷やしたら、出来上がり。型を立てて、へらなどで型と寒天の間に空気を入れる。皿をふたをかぶせる要領で、型に置いて、ひっくり返して型を外す。
  7. 切り分けて盛り付けていただく。

※ひっくり返すのが苦手なら、小さい型に入れて、そのまま食べても良い。しっかり固めるほど外しやすいので、冷蔵時間を長めにすると、失敗しにくい。

>> 簡単料理で便利!テレビでも話題のカット野菜

>> モンドセレクション金賞の天然水はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る
>> ホーム&キッチン はコチラ! <<