ドル円取引

レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

カリカリ小梅のすぐ漬け

SA3B0245
山梨県の特産品、甲州小梅は今が旬。小粒で酸味がまろやかで、粒が小さいことから、おにぎりの梅として広く親しまれています。梅干しにせず、梅漬けで楽しむなら漬け上がったばかりの、紫蘇を入れる前のものも、お茶請けに漬けてみましょう。

 

 

 

 

 

甘くしたり、焼酎と紫蘇を入れたものも、楽しみです。
小梅はインターネット販売などで入手も出来ます。

材料(1キロ分)
小梅 1キロ
塩   150g(15%)→10g程度を取り分けておく

【用具】
ザル、大きめの鍋かボウル、広口びん(熱湯をかけるか、焼酎で中を拭いて消毒し乾かしておく)

①小梅はホコリを払って流水で良く洗い、半日流水でさらしてアクを抜く。さらし上がったら、ザルにあけて水を切る

②大きめの鍋かボウルに梅をあけ、分量の塩をまんべんなくふりかけて軽くもみつける。

③梅に塩がまぶせたら、瓶に詰めていく。途中、ボウルに残った塩を適宜ふり入れて、梅と塩が交互になるように入れていく。最後にとりわけておいた塩をふりかけて、蓋をしめ、冷暗所に置く

④翌日には梅酢が上がり始める。3日程度で7割の梅が梅酢に漬かった感じになるので、ここで、瓶を軽く揺すって、底の塩を溶かしながら、上の梅にも梅酢がかかるようにする(激しく揺すらないこと)

⑤1週間~10日程度で食べられる。余り早いと、体に良くないので注意。好みで紫蘇や生姜を一緒に漬けても良い。
 

>> 簡単料理で便利!テレビでも話題のカット野菜

>> モンドセレクション金賞の天然水はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る
>> ホーム&キッチン はコチラ! <<