ドル円取引

パーティーに♪手巻き寿司

パーティーに♪手巻き寿司

パーティーに♪手巻き寿司

ひな祭りなど、人が集まるときや、ご家族でささやかにパーティーなど、ちょっとだけ贅沢なお食事に、手巻き寿司はいかがですか?簡単に準備できるのに、満足度が高いところが、オススメです。

材料(5~6人分)

  • すし飯・・・炊き立てごはん 4合程度+市販のすし酢(分量は容器の標準使用量に合わせて適宜)
  • すしネタ・・・まぐる、いか、サーモン、貝柱、いくら、とびこ、すき身、えび、など(スーパーのお造りを利用してもOK)
  • 野菜・・・トマト、きゅうり、こねぎなど(季節で、大葉、大根のかつらむきなど、いろいろ利用できる)
  • 卵 2~3個(厚焼き玉子用)
  • ツナ缶1個+マヨネーズ適宜
  • 海苔・・・人数×2枚程度(1枚が2つ分程度)

作り方

  1. すし飯を作る。炊き立てごはんを、しゃもじで切り混ぜながら、すし酢を加えていく。ある程度混ざってきたら、うちわであおぎながら広げて、冷ます(冷やしながら、しゃもじで切るように混ぜることで、ツヤがでてくる)
  2. すしネタを食べやすい大きさに切っておく。
  3. ツナマヨをつくる。ツナ缶の汁を絞って切り、マヨネーズを大さじ1.5程度混ぜ込む。好みでこしょうなどを加えても良い。
  4. 野菜は、巻きやすい厚さに切る
  5. 厚焼き卵を作る。溶き卵に砂糖(好みで)を加えて、良く溶き混ぜる。フライパンを熱し、油を薄く引く。いったん濡れ布巾の上にフライパンをおいて少しさましたところへ卵液を入れるちょっと固まったら、卵焼きの要領で端から巻いていく。巻いたところへ再度卵液を流しいれて、火にかけながら、少しづつ厚くしていく。(四角い卵焼き器があると、なお、良い。ホットプレートや、テフロン加工済みのフライパンだと作りやすい)
  6. すしネタや野菜を彩りよく大皿に盛りつける。ごはんは、すし桶がないときは、ガラスボウルなどにふんわりと盛り付ける。
  7. 海苔をガスで軽くあぶって、半分に切る。
  8. 各人にしょうゆのこ注ぎ用の小皿を用意して、海苔を配っておく。それぞれ、好みの具を取って、ごはんを盛り、自由に巻いて食べる。
>> 簡単料理で便利!テレビでも話題のカット野菜

>> モンドセレクション金賞の天然水はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る
>> ホーム&キッチン はコチラ! <<