ドル円取引

レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

ブラジル版「おふくろの味」フェジョン

ブラジル版「おふくろの味」フェジョン

ブラジル版「おふくろの味」フェジョン

ブラジルで、「おふくろの味」といったら、なんといってもこのフェジョン(豆のスープ)、日本でいえば味噌汁のような国民食です。本来はカリオカ豆などのいんげん系の豆を使って作りますが、日本では入手しづらいので、良く似た小粒うずら豆で作ってみました。ベーコンは、ブロックのものを使うのが一番ですが、厚めの切り落としでも代用できます。

材料(4人分)

  • 小粒のうずら豆 250~300g(ブラックビーンの缶詰でもOK)
  • ニンニク 1かけ
  • 玉ねぎ 中1個
  • ベーコン 100g(できるだけ厚めのものか、切り落とし)
  • 粉末スープの素 1本
  • 塩 適宜
  • オリーブオイル 適宜
  • ローリエ、セロリシーズなど

※乾燥豆を使うときは、洗って半日以上水につけておく。急ぐときはぬるま湯に6時間程度つけてもOK

作り方

  1. ニンニク、玉ねぎをみじん切りにし、ベーコンは一口大にざっくりと切る。
  2. 豆を煮る。厚手の鍋にたっぷりの水と一緒にうずら豆とローリエ1枚くらい(このみでセロリシーズ少々)を入れて中火で煮る。沸騰したら火を細め、あくを取りながら親指と人差し指でちょっと力を入れたらつぶれる程度まで煮る(圧力鍋を使うときは、説明書に従って煮ること…後でまた煮込むので、あまり柔らかくしすぎないほうがいい)
  3. 別の鍋に、ベーコンを入れて、弱火にかける。油がにじんできたら、箸でかき混ぜて、表面が軽く焦げるように炒める。途中、オリーブオイル少々を足して1の野菜を入れて、野菜が透明になるまで炒める。
  4. 3に2の豆とスープの素を加えて、弱火で30分ほど煮込む。
  5. 最後に塩で味を調え、ちょっと力を入れてかき混ぜる(豆が少々つぶれることで、自然にとろみがつく)味がなじんだところで出来上がり。
>> 簡単料理で便利!テレビでも話題のカット野菜

>> モンドセレクション金賞の天然水はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る
>> ホーム&キッチン はコチラ! <<