ドル円取引

レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

懐かしい味♪ナスの忘れ煮

懐かしい味♪ナスの忘れ煮

懐かしい味♪ナスの忘れ煮

昭和のおそうざいのひとつ。「忘れてしまうほど、長いこと煮続けて作る」から「忘れ煮」と呼ばれています。家々で作り方は少しづつちがうようですが、ここでは、昔教わった作り方でやってみました。

材料(4~5人分)

  • ナス 4~5本(小ぶりなものの方が、形よく作れます。画像は大きなものを丸ごと煮てから、切ったものです)
  • だし汁 カップ3 ※濃いめに作る方がおいしい。かつおだしは上品に、煮干しではコクが出ます。
  • 醤油 大さじ3

作り方

  1. ナスは、ヘタの部分を上向きにちぎって、取り除く(軸部分は飾りに着けたままにしておく)
  2. 鍋にだし汁としょうゆを入れて、ナスを丸ごと漬け込み、落し蓋をして、中火にかける。煮立ってきたら、ごく弱火にして、着せ蓋をして、静かに40分くらい火にかける。時々、様子を見て、ナスが煮汁から出るようなら、水を差す。たまに、上下をひっくり返して、まんべんなく味が回るようにする。
  3. ナスが柔らかく煮えたら、火からおろす。ナスが大きい場合は、一口大に切ってから、皿に移して盛り付ける。

 

>> 簡単料理で便利!テレビでも話題のカット野菜

>> モンドセレクション金賞の天然水はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る
>> ホーム&キッチン はコチラ! <<