ドル円取引

レシピ付き!選んで楽しいキッチンツール&食卓を彩る食器

新巻鮭をさばいたら♪アラ汁

新巻鮭をさばいたら♪アラ汁

新巻鮭をさばいたら♪アラ汁

昭和のお歳暮では定番だった新巻鮭、今でも、厳冬期の食卓を賑わしてくれる冬の味覚です。「鮭は捨てるところがない」と言われるほど、利用価値の高い魚です。1本さばいたら、中骨や頭を使って、作って欲しいひと品です。

材料(鮭1尾分)

  • 鮭のアラ(頭、中骨、しっぽなど) 1尾分
  • 木綿豆腐 1丁
  • 長ネギ 2本
  • じゃがいも 小3~4個
  • にんじん 1本
  • しょうが 少々

※好みで、エノキ、里芋などを入れても美味しい。ここでは一番シンプルな、塩味で作ったが、酒粕を加えて粕汁にしても美味しい。

作り方

  1. 鮭のアラを箸で取りやすい大きさに切って整える。頭は、真ん中の歯と頭頂部の線で縦に二つに切る。カマは、頭から外し、中骨は、8センチくらいの長さおきに横に切る。切ってから、一度、流水で頭の内側、しっぽ、エラ周りなどをよく洗い、余分の塩気を落とす。そのあと、一旦熱湯をかけて、臭みを抑える。
  2. 野菜を切る。 長ネギは、食べやすい長さで斜めにスライス、じゃがいも、にんじんは皮をむいて、一口大に切る。木綿豆腐は、おお振りのサイコロ状に切る。しょうがはスライスして、マッチ棒くらいの太さに千切りにする。
  3. 土鍋に、鮭のアラ、2の野菜、豆腐を加えて、たっぷりと水をはり、中火で煮る。沸騰したら、火を細めてアクをとり、20分~30分程度、じっくり煮込む。(中骨のずいからダシが出て、汁が白くなる)
  4. 煮えたら味を見て、あまり塩辛いようなら、水を足して加減する。器に盛っていただく。
>> 簡単料理で便利!テレビでも話題のカット野菜

>> モンドセレクション金賞の天然水はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る
>> ホーム&キッチン はコチラ! <<