オーブントースターで肉巻きおにぎり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮城県のご当地ファーストフードの肉巻きおにぎり。本当はオーブンで焼いて仕上げますが、少量を簡単に作れるよう、市販のタレとオーブントースターを使ってアレンジしました。ザニーレタス(チシャ)に包んで食べるのが、ご当地流。季節の野菜、パプリカとコーン

で彩りを添えてみました。

材料(4個分)

炊きたてごはん 小さめのお茶碗1個×4個分

白ゴマ 適宜

薄切り肉 4~8枚程度 ※牛肉でも、豚肉でもOK、バラ・ロースならこってり風味、モモならあっさり風味になる。切り落とし肉を使う場合は、枚数を増やして調製する

市販の焼肉のタレ 適宜

 サニーレタス、大葉、パプリカ(赤、黄好みで) 各適宜

作り方

①肉を市販の焼肉のタレに浸けておく。10分~15分(時間のないときは、食品用ポリ袋に肉とタレを一緒に入れて、かるく、2~5分揉みこむとよい)

②炊きたてご飯に白ゴマをまぜて、ややこぶりのおにぎりを握る。形は俵型か、丸型。(お茶碗にラップを敷いてご飯を盛り、ラップごと外して少し冷ましてから、ラップで包んで丸く握ると簡単。 後で焼く都合上、転がしやすい形にするのがポイント)触って、ちも生ぬるくなく、表面が少し乾くまで、ラップを外して冷ましておく。

③②に、①の肉を巻きつけていく。このとき注意するのは、肉の隙間からご飯が見えないようにすることと、巻きつけた肉の厚さがなるべく同じくらいになるようにすること。(肉の厚さがばらばらだと、焼き上がりが整わない)

④オーブントースターにアルミホイルを敷いて、③のおにぎりを間隔をあけて並べる(俵型なら、上手に作ると4個並びます。丸型ならば、2,3個づつがよいです。小ぶりに作ってたくさんならべてもOK)

5分焼いて、90度転がす(横だったところが、上か下になるように)また、5分焼く。全体が引き締まって、焼き色がついたら、出来上がり。肉が厚くて火が通ってないようなときは更に5分ほど焼くと良い。

⑤皿にサニーレタスをおき、パプリカを添えて、肉巻きおにぎりを載せてできあがり。

 

サニーレタスでくるんで野菜と一緒にかぶりつくと美味♪好みで、スライスチーズなどを、ちょっと載せても美味しい。冷ましてお弁当にいれるのもGOOD

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る